健康

3つの自己投資でメタボを解消。健康かどうかでこんなに違う老後の生活

まずは動画をご覧ください!

死ぬまでの老後の10年を、健康的に過ごす人生とそうでない人生と比較しながら同時進­行で見せ「やはり最期の10年は健康的に」と訴えるカナダのCMです。

この映像を見てあなたは老後のために何をしますか?

老後の生活を「健康的に活発に過ごす」か、「ベッドの上で寝たきりで過ごす」か、あなたはどちらを希望しますか?

聞くまでもないですね。「健康的で活発に過ごしたい」のであれば、いますぐ「自己投資」しメタボリックシンドローム(肥満)を解消しましょう。

スポンサーリンク

自分の身体は生涯において最も重要な投資対象

将来への備えとなると「老後資金」を考える人は多いはずです。

もちろん老後資金のために資産運用を始め、株や債券に投資することは重要なことです。老後にお金が貯まっているのかどうかで「老後の生活」は違ったものとなるでしょう。

ただ考えて欲しいのは、一生懸命に貯めたお金をどのように使いたいのかです。

老後のために貯めたお金を「旅行や趣味」に使うのか、それとも「治療や介護」のために使うのか…。もちろん「旅行や趣味」のために使いたいですよね。

老後資金を旅行や趣味に使うためには健康であることが大切です

将来の健康体はいまの自分の心がけでコントロールできることがたくさんあります。

備えなければいけないのは老後資金だけではありません。自分の身体は生涯において最も重要な投資対象です。

まずは健康診断に行こう

自分の身体への最初の投資は「健康診断・人間ドック」を行うことです。

健康診断が教えてくれるものは今後の健康を大きく左右します。

ぼくは健康診断で「脂質異常症」だと診断されました。要医療と要注意の項目は以下の通りです。

要医療の項目・・・脂質

要注意の項目・・・肝機能、眼底、尿酸、糖代謝

自分は大丈夫だと思っていただけにショックでしたね。「あなたは健康ではありませんよ」「このままの生活習慣を続けていたらダメですよ」と知らされました。

だけど知れたからこそ変われたことがあります。結果を見て危機感をもったぼくの生活習慣は一変しました。

もし自分の体に起こっている問題を正しく認識できていなかったら「メタボリックシンドローム」になっていたことでしょう。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態のことです。

自分は健康だと思っていても、体の内部では重大な問題が起こっているかもしれません。

それをチェックするためには健康診断や人間ドッグを行うしかありません。自己判断ほど危険なものはなりませんよ。

実際にぼくは自分の身体が健康体だと思っていましたからね。

健康診断や人間ドックは「費用がかかるからもったいない」。そう思っている人は将来の健康体を失う可能性が高いですよ。

まずは健康診断を行いましょう。それが自分の身体への最初の投資です。

どこの病院に行けば良いのかわからない場合はマーソ(MRSO)で検索すると便利ですよ。住んでいる地域によって「人間ドック」を行っている病院を検索することができます。

【マーソ(MRSO)】

生活習慣の見直しをしよう

アメリカの内科学会が発酵する「内科学会紀要」によると、40歳以上で太りすぎの人は、標準体重の人より少なくとも3年は寿命が短いことが明らかになりました。

また肥満は生活習慣病の原因となります。生活習慣病とは高血圧症、糖尿病、脂質異常症、心臓病などのことです。

これらの症状を抱えたまま老後を迎えては健康的に活発に過ごすことなどできませんよね。

太っている原因は生活習慣が7割、遺伝が3割です。つまり自分の心がけ次第で改善することが可能です。

ぼくも実践しましたが、肥満改善の最大のポイントは食生活の見直しです。

食生活を改善できれば確実に脂肪は減っていきます。

肥満の人は過食気味。カロリーコントロールをしよう

なぜ太ってしまうのか?

話は簡単です。消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多いからです。これは当たり前の話ですね。誰でも食べ過ぎたら太ります。

逆に消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが少なければ痩せます。

カロリーコントロールとは「消費カロリーよりも摂取カロリーのほうを少なくする作業」です。

自分がどれくらい食べられるのかを把握しよう

自分が1日に食べられるカロリーを計算しましょう。計算方法は以下の通りです。

【体脂肪率がわかる場合】

370+(21.6×除脂肪体重kg)=基礎代謝

除脂肪体重は「体重×(100-体脂肪率)÷100」です。

【体脂肪率がわからない場合】

88+(13×体重kg)+(4.8×身長cm)-(5.7×年齢)=基礎代謝

ここで出た数値が自分の基礎代謝です。あとは基礎代謝をもとに1日の運動量を考慮して計算します。

ほとんど運動をしない人は1.2、週に1〜3回の軽い運動を行う人は1.375、週に3〜5回の中程度の運動を行う人は1.55、ほぼ毎日激しい運動を行う人は1.725を基礎代謝に掛けます。

ここで出た数値が1日に必要としているカロリー数です。

痩せたければ1日に必要としているカロリーよりも少ないカロリーで生活すれば良いのです。目安は1日にマイナス500kcalです。

急激に摂取カロリーを減らしてしまうと長続きしないしリバウンドの原因となります。焦らずにゆっくりと実践することが大切です。

消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくする

まずはこのことをしっかりと意識しましょう。

カロリーコントロールは酵素ドリンクを使う

ここで自分の身体への2つ目の投資です。カロリーコントロールは「酵素ドリンク」使って行います。

酵素ドリンクを使ったカロリーコントロールは「朝食を酵素ドリンクに置き換える」という方法ですが、酵素ドリンクのカロリーは1杯あたり約35kclです。

肥満の原因は摂取カロリー過多ですので、朝食を約35kcalで抑えることができれば容易にカロリーコントロールを成功させることができます。

また酵素は9番目の栄養素と言われている重要なものです。

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、この2つは密接な関係があります。

体内の酵素の量は決まっているので、体内の酵素が大量に消化に使われると、代謝に使える酵素は減少します。

逆に、病気などで体内の酵素が大量に代謝に使われると、消化に使える酵素は減少します。

暴飲暴食をすると肌の調子が悪くなったり、病気になると食欲がなくなるのは消化酵素と代謝酵素の関係にあります。

酵素ドリンクを使うことで、体内の酵素を補充するとともに暴飲暴食を抑え代謝を活発にする効果を得られます。

代謝が活発になれば自然と痩せやすい体へなることができるでしょう。

ぼくが実践した酵素ドリンクを使ったダイエットを体験談としてまとめているので参考にしてください。

関連記事:酵素ダイエットは痩せるのか?1ヶ月の体験談から効果を考える

筋トレで体質・体型を改善

最後の自己投資は「筋トレを行う環境を整えるため」の投資です。

投資手段は「自宅で筋トレを行うためのグッズ購入」、「ジムへ通うための入会金や月謝」、「プライベートジムへ通う」などの方法が挙げられるでしょう。

どの手段を選ぶかは自分のライフスタイルや金銭的な問題によりますが、必ず成功させたければ「プライベートジムへ通う」のが一番確率の高い方法です。

筋肉は少しずつ減っていく

筋肉は20歳をピークに毎年少しずつ減少していきます。

筋肉が減ると重いものを持ち上げられなくなったり、階段を上るのが難しくなるでしょう。老後に足腰が弱っていては健康で活発な老後の生活など望めません。

筋トレを行い筋肉の減少を防ぐことは肥満にも効果があります。なぜならば筋肉量が増えると基礎代謝も増加するからです。

基礎代謝とは生きていくために最低限必要な生命活動、つまり内臓を動かしたり体温を維持するなどに使われるエネルギーです。

基礎代謝の中で、最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。

筋肉は1kg増えると基礎代謝が50kcalほど増加すると言われています。たった50kcalと思うかもしれませんが、1年間(365日)に換算すると18250kcalとなります。

脂肪1gを燃焼させるために必要なカロリーは7.2kcalなので、年間で約2.5kgの脂肪を燃焼させることになります。

筋トレを行わなければ毎年少しずつ筋肉が減っていき、どんどん太りやすい体質へと変化していくことになります。

そうならないためにも「筋トレを行う環境を整えるため」の投資を行いましょう。

成功率が上がるほど費用も高くなる

自分の意志力に自信がある場合は「自宅での筋トレ」「ジムでの筋トレ」を選ぶと良いでしょう。

1人では続かない、自分では知識不足で肉体改造をする自信がない場合は「プライベートジムでの筋トレ」をオススメします。

プライベートジムでの筋トレは優秀なパーソナルトレーナーのアドバイスや協力を得られるし、厳しいチェックの目があるため肉体改造の成功率は高くなるでしょう。

ただそのぶんの費用を支払う必要があります。料金はプライベートジムによって様々ですが、2ヶ月で約10万円〜約30万円程度が必要です。

自宅での筋トレは費用はかかりませんが、協力者がいないため「続ける」ということが難しいです。肉体改造で最も大切なことは継続です。

ジムでの筋トレは施設の充実がメリットです。自宅ではできない高負荷のトレーニングを行うことができます。

ただ専属のパーソナルトレーナーがついてくれるわけではないので筋トレの知識がない場合には注意が必要です。間違ったフォームは故障の原因となります。

どの手段を選ぶかは自分のライフスタイルや金銭的な問題によりますが、必ず成功させたければ「プライベートジムへ通う」のが一番確率の高い方法です。

まとめ

健康的で活発な老後の生活を送るために必要な自己投資のまとめです。

【自己投資その1】

健康診断→【マーソ(MRSO)】で病院をチェック

【自己投資その2】

酵素ドリンクでカロリーコントロール→酵素ドリンク「優光泉」

【自己投資その3】

筋トレグッズを購入→ランキング入賞の商品が多数!トレーニング、エクササイズ用品通販サイト【ティズスタイル】

通えるジムを検索→フィットネスオンライン(全国のスポーツクラブ・ジム・フィットネスクラブを検索できます。)

プライベートジムへ通う→今までのカラダを脱ぎ捨てろ![ライザップ]気になるBefor Afterはこちらパーソナルトレーニングジム-24/7 Workout-入会促進
あとはアクションを起こすか起こさないかです。将来の健康体はいまの自分の心がけでコントロールできることがたくさんありますよ。

※追記

ジムで筋トレを行いたいが、知識不足のため自信がないという人は「無料のカウンセリング」を受けてみてはいかがでしょうか。

RIZAPで無料のカウンセリングを行うと「ボディチェック(身体測定など)」や「目的にあったプログラムを提案」してくれます。

筋トレや肉体改造の知識がない人でも、そこで頂いたプログラムをもとにトレーニングを行えば高い効果を得ることができます。

カウンセリングは無料なので一度試したほうが良いですよ。

▼無料カウンセリング申し込み▼

無料カウンセリング受付中/ライザップ

-健康

スポンサーリンク